【発売情報】
本日、モーストリー・クラシック2018年2月号が発売になりました
同時に、Webサイト http://mostly.jp/ も更新。目次、おすすめアーティストなどチラ読みができるほか、バックナンバーのページでは、デジタル書籍も購入できます。ぜひ、サイトにお立ち寄りください


【モーストリー・クラシック2月号の主な内容】

表紙 バッハ、ヘンデル、ヴィヴァルディ、モンテヴェルディ

特集 バッハとバロック音楽
 2017年はルターの宗教改革から500年の記念の年だった。バッハが生まれたアイゼナッハは、ルターが新訳聖書をドイツ語に訳したヴァルトブルク城の城下町。それゆえバッハ一族は、ルター派の音楽家として活躍した。「バッハの音楽の最も重要な土台はルター派の賛美歌である。賛美歌の旋律はオルガンのためのコラール前奏曲やコラール変奏曲、さらに教会カンタータに取り入れられ、この時代のプロテスタント、ルター派の音楽文化を形成した」(西原稔・桐朋学園大教授)。
 バッハは1723年、38歳のとき、ライプチヒの聖トーマス教会のカントール(楽長)に就任した。バッハの日常は、賛美歌のオルガンでの伴奏、合唱団の指揮、教会付属学校の教師などとても忙しかった。「日曜日の礼拝が終わるとその夜から次週上演するカンタータの作曲に取りかかり、作曲を終えるとパートごとに写譜をし、練習、リハーサル、本番と積み上げる。(トーマス学校の)学生の3分の1は寄宿生だったので、週に4日の音楽の稽古に加えて、生活面の指導もしなければならなかった」(音楽評論家の加藤浩子氏)
 多忙な日常の中から、「マタイ受難曲」や「ヨハネ受難曲」、「ブランデンブルク管弦楽曲」、「平均律クラヴィーア曲集」、「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」など傑作の数々が生まれた。
 ドイツ・バロックの作曲家で、バッハと同じ1685年、ドイツ・ハレに生まれたヘンデルは、バッハとは大きく異なる道を歩んだ。イギリスに渡り、オペラ作曲家として有名になり、オペラが飽きられてくるとオラトリオで人気を博した。「ハレルヤ・コーラス」で知られるオラトリオ「メサイア」、アリア「オンブラ・マイ・フ」が歌われてきたオペラ「セルセ」などを残した。また、管弦楽曲と声楽作品の割合は1対9と、圧倒的に声楽作品が多い。しかし、舟遊びのイベントのために作曲された「水上の音楽」や、「王宮の花火の音楽」は今日でもよく演奏される。
 バッハたちより時代を100年以上さかのぼる、イタリア・バロックの巨匠といえばモンテヴェルディ。オペラ最初期の作品「オルフェオ」は1607年、マントヴァ公の依頼で作曲され謝肉祭の祝祭で初演された。近代オペラの様式を作り上げた傑作。モンテヴェルディはヴェネツィアの聖マルコ大聖堂の楽長を76歳で亡くなるまで30年勤めあげた。
 また、フランス・バロックのリュリやラモー、フランス・バロックを生んだヴェルサイユ宮殿なども取り上げている。
 他に、◎ヴィヴァルディ「四季」名盤聴き比べ◎バロック音楽の演奏の変遷◎バロック時代の楽器たち◎いま注目のバロック音楽の演奏家◎音楽と水の都ヴェネツィア、などです。

特集で紹介したDVD、CDのプレゼントもあります

2017年回顧ベスト・コンサート、ベストCD&DVD
 コンサートとCD&DVDの2つに分けて2017年を回顧した。それぞれ異なる評論家ら計20人に5公演、5点をあげてもらっている。公演の数や、発売されるCDも多いため、みなが一致して1位に推すというものは少ない。公演では、ラトル指揮ベルリン・フィル、読売日本交響楽団の「アッシジの聖フランチェスコ」、バイエルン州立歌劇場「タンホイザー」などが複数上げられていた。CD&DVDになるとさらにばらける。プレスラーが演奏するモ-ツァルトのピアノ・ソナタ第13,14番、ディアナ・ダムラウのマイヤーベーア「オペラ・アリア集」、ヤニック・ネゼ=セガンのメンデルスゾーン「交響曲全集」、小山実稚恵「ゴルトベルク変奏曲」などが登場している。


2018年注目の来日演奏家
 オーケストラ・指揮者、ピアニスト、ヴァイオリニスト・チェリスト、弦楽四重奏・室内楽、オペラ・声楽の5つの分野で来年注目の来日アーティストを取り上げた。オーケストラ・指揮者を見ると、今秋、ベルリン・フィルの芸術監督としては“最後”の来日公演を行ったラトルは、2018年9月には新たな手兵ロンドン交響楽団と来日する。ズヴェーデン指揮ニューヨーク・フィル、ヤンソンス指揮バイエルン放送響、ハーディング指揮パリ管、ウェルザー=メスト指揮クリ-ヴランド管、メストはウィーン・フィルでもタクトをとるなど、来年も著名なオーケストラが次々と来日する。

宮本文昭の気軽に話そう ゲスト 加藤訓子 打楽器奏者
 日本とアメリカを拠点に活動する打楽器奏者、加藤訓子(くにこ)。1、2月、愛知と埼玉においてダンスの平山素子とスティーヴ・ライヒの「ドラミング」で共演する。ライヒはミニマル・ミュージックの創始者。「ドラミング」は、アフリカに行って現地の音楽に刺激を受けて書かれたという。本来は13人で演奏するが、今回は多重録音を使い加藤1人で演奏する。「ライヒの曲は音がどんどん変化していく様子が面白いけれど、ダンスのように動きがあるものが一緒ですと、さらに楽しめます」と話している。


このほか
◎青島広志の「ブルー・アイランド版音楽辞典」
◎外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
◎小山実稚恵の「ピアノと私」
◎「鍵盤の血脈 井口基成」中丸美繪
など、おもしろい連載、記事が満載です。

次号予告
2018年1月20日(土)発売の2018年3月号は「クラシック小品の楽しみ」を特集します

お楽しみに~