【発売情報】
本日、モーストリー・クラシック2018年10月号が発売になりました
同時に、Webサイト http://mostly.jp/ も更新。目次、おすすめアーティストなどチラ読みができるほか、バックナンバーのページでは、デジタル書籍も購入できます。ぜひ、サイトにお立ち寄りください


【モーストリー・クラシック10月号の主な内容】

表紙 ベートーヴェン、ピアノ・ソナタ第32番第1楽章の冒頭部分、1817年に贈られた英ブロードウッドのフォルテピアノ

特集 ピアノ・ソナタの魅力

 ベートーヴェン(1770-1826)は32曲のピアノ・ソナタを残した。その創作時期は初期、中期、後期に分けられる。初期には第8番「悲愴」、第12番「葬送」、第14番「月光」、第15番「田園」などがある。中期には第17番「テンペスト」、第21番「ワルトシュタイン」、第23番「熱情」、第24番「テレーゼ」、第26番「告別」などが生まれた。そして後期は、第29番「ハンマークラヴィーア」、最後の第30、31,32番の3つのソナタなどがある。
 音楽学者の平野昭氏は「40年に及んだピアノ・ソナタ創作はベートーヴェンにとって長い冒険の旅であった。すべてのソナタがそうであるというわけではないが、18世紀的なサロン音楽であったピアノ・ソナタを一級の芸術表現にまで高めた。また、ピアノ・ソナタで実験したさまざまな革新的表現をオーケストラ音楽でも試み、最終的には調性音楽として必要十分な条件を備えた弦楽四重奏曲に究極的な姿で収斂させたと言ってよい」と記す。
 ピアニストにとって、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲の録音は大きな挑戦である。マウリツィオ・ポリーニは1975年、第30番、第31番からスタートしたが、最後は2014年。なんと39年かけて完成させた。「コンピューターのように正確、と称された若き時代のポリーニが徐々にヒューマンな色合いを深め、円熟の極致に至る。その演奏の変遷が理解できる入魂作」と音楽評論家の伊熊よし子氏。ほかに、日本で初めてピアノ・ソナタ全曲演奏を行ったケンプ、またシフ、バレンボイム、グード、ブッフビンダーらが全集を作っている。
 特集ではスカルラッティ、クレメンティ、ハイドン、モーツァルト、シューベルト、ショパン、リストら多くの作曲家のピアノ・ソナタを取り上げている。作曲家にとってピアノ・ソナタの作曲は、ソナタ形式を習熟するために必須だった。作曲は習作期を抜けて間もない時期か、後半生の両極に分かれる、と音楽評論家の高久暁氏。それゆえ作品番号は1ケタが多い。作品2はベートーヴェン、ブラームス。作品3はメンデルスゾーン、カルクブレンナー。作品4がショパン、ワーグナーなど。「キャリア最初期にできの良いソナタを作曲、出版すれば作曲能力のデモンストレーションになったし、ピアニストとしての活動を志したのであれば、自作自演のピアノ・ソナタやピアノ協奏曲、室内楽曲を早くに作曲して活動の基盤を固めるのが当然」と高久氏は書いている。
 他に、◎ピアニストから見たモーツァルト「ピアノ・ソナタ」の魅力◎スカルラッティの美を見いだしたホロヴィッツ◎ソナタ形式をめぐって◎ピアノ学習者にとってソナタとは?◎フォルテピアノ弾きたちのピアノ・ソナタ、などです。


特集で紹介したDVD、CDのプレゼントもあります

BIGが語る リッカルド・ムーティ 指揮 (中)
 前回は生い立ちを詳しく語ったリッカルド・ムーティ。今回は指揮者としての心構え、イタリア・オペラのカット問題などを舌鋒鋭く話している。「今日では、多くの若手指揮者は指揮台の上で飛び跳ねたり、演奏会の前でまるでサメのように大きな口を開けたり、泣いて悶えたり…サーカスの公演のようになってきています。音楽表現のためには内面的な肉体のエネルギーが必要なのに、指揮台上で外面的に発散しているかのようです。その力強いエネルギーは内的に爆発させるというのが真の指揮者の表現法です」

宮本文昭の気軽に話そう ゲスト 漆原朝子 ヴァイオリン
 姉の漆原啓子もヴァイオリニスト。父親は船員でクラシック好きだった。ロンドンでバックハウス聴いたこともあったという。啓子が母親のお腹にいるとき、航海に出る父親が「ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集を母に渡して、これを毎日聴くように、と言ったそうです。母はそれを守って毎日聴いたそうです。それで姉には音楽のセンスが備わったみたいです」というエピソードを話す。しかし、自身のときには「その頃には母はもう胎教でレコードを聴くことに飽きていたみたいです」とのこと。ヴァイオリニストの姉妹はこうして育った。

このほか
◎青島広志の「ブルー・アイランド版音楽辞典」
◎外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
◎小山実稚恵の「ピアノと私」
◎「鍵盤の血脈 井口基成」中丸美繪
など、おもしろい連載、記事が満載です。

次号予告
2018年9月20日(木)発売の2018年11月号は「センセーショナルな音楽史 スキャンダルを起こした作品」を

お楽しみに~

【発売情報】
本日、モーストリー・クラシック2018年9月号が発売になりました
同時に、Webサイト http://mostly.jp/ も更新。目次、おすすめアーティストなどチラ読みができるほか、バックナンバーのページでは、デジタル書籍も購入できます。ぜひ、サイトにお立ち寄りください


【モーストリー・クラシック9月号の主な内容】

表紙 ブロムシュテット、ムーティ、ヤンソンス、ハイティンク

特集 マエストロ 巨匠指揮者の魅力

 カリスマ、巨匠指揮者と聞いて誰を思い浮かべるだろう。古くはトスカニーニ、フルトヴェングラーだろうか。その上にはマーラーやニキシュがいた。トスカニーニたちの下の世代ではカラヤンやムラヴィンスキーだろうか。日本には朝比奈隆がいた。では、現役の指揮者では誰だろうか。年齢順であげると、91歳のブロムシュテットを筆頭に、ハイティンク、フェドセーエフ、小澤と続く。近年は平均寿命が伸び、80代でもバリバリ現役の指揮者が増えた。
 マーラーは作品に容赦なく手を加えた。が、トスカニーニやフルトヴェングラーは「作品の脚色よりも、作品への忠実さを重んじ、作品の優れた解釈を目指し、作品と真摯に対峙した」と西原稔・桐朋学園大教授。しかし、トスカニーニは「独裁者」だった。作品に忠実な演奏を目指しオーケストラを厳しく統率し、ミラノ・スカラ座を改革した。芸術の「独裁者」だけではない。ファシズムの時代に生きたトスカニーニは、イタリア・ファシスト党の党歌の指揮を拒否し、ナチスと関係を深めたバイロイト音楽祭やザルツブルク音楽祭の演奏を拒否し、アメリカに渡った。特別な時代の指揮者だった。
 「トスカニーニや20世紀の名指揮者たちの録音はもはや再現しえない歴史的解釈の記録である。それらの演奏は今後の指揮者たちの演奏に確かな参照点を与え続けてゆくのだ」と音楽評論家の高久暁氏。
 編集作業中の6月16日、ロシアの巨匠ゲンナジー・ロジェストヴェンスキーが亡くなった。87歳だった。1979年に読売日本交響楽団と初共演し、名誉指揮者を務めており、日本でもおなじみの指揮者。「スターリンからプーチンに至るソ連現代史とともに歩んだ証人だった」とマリーナ・チュルチェワ氏は記している。また一人、巨匠が亡くなった。
 これからも巨匠指揮者は生まれ続けるだろう。次代の巨匠としてラトル、ゲルギエフ、テォーレマン、サロネン、ウェルザー=メストらを紹介している。
 他に、◎ヴァント、ベーム、カラヤンと日本の聴衆◎巨匠はなぜテンポが遅くなるのか◎バレンボイム、メータ、ヤノフスキ、インバル◎伝説の巨匠、ワルターモントゥー、アーノンクール◎古楽の巨匠指揮者、などです。


特集で紹介したDVD、CDのプレゼントもあります

BIGが語る リッカルド・ムーティ 指揮
 イタリアの巨匠、リッカルド・ムーティは今年の第30回高松宮殿下記念世界文化賞音楽部門を受賞した。受賞に合わせて行われたインタビューを3回に分けて掲載する。今月は、生い立ちから。ムーティの父親は医者だったが、子供たちに音楽を親しませた。「父は息子たち全員に楽器を習うことを義務づけていました。それは音楽家に育てようという意思ではありませんでした。音楽をもって美を学ばせようとしたのです。社会の中で美を求めなければ澱んでしまうという考えです。芸術は人を優しくするという考えです」と話した。

宮本文昭の気軽に話そう ゲスト 小川典子 ピアノ
 第10回浜松国際ピアノコンクールが11月に開催される。小川典子は審査委員長を務めている。自身はイギリスのリーズ国際ピアノコンクール入賞を足がかりに音楽の世界に羽ばたいた。「360名の応募があり(DVD審査で)96名に絞ったのですが、全員素晴らしいです。ですから今年の浜松は、かなり高いレヴェルでの審査になるでしょう。すでに注目されているピアニストも受けていますし、浜松からプロとして羽ばたくピアニストもたくさんいるはず。私も11月まで気を引き締めていかないと」と話す。


このほか
◎青島広志の「ブルー・アイランド版音楽辞典」
◎外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
◎小山実稚恵の「ピアノと私」
◎「鍵盤の血脈 井口基成」中丸美繪
など、おもしろい連載、記事が満載です。

次号予告
2018年8月20日(月)発売の2018年10月号は「ピアノ・ソナタを書いた作曲家」を特集します

お楽しみに~

【発売情報】
本日、モーストリー・クラシック2018年8月号が発売になりました
同時に、Webサイト http://mostly.jp/ も更新。目次、おすすめアーティストなどチラ読みができるほか、バックナンバーのページでは、デジタル書籍も購入できます。ぜひ、サイトにお立ち寄りください


【モーストリー・クラシック8月号の主な内容】

表紙 モーツァルト一家 左から父レオポルト、ヴォルフガング、姉ナンネル
ルイ・カロジス・カルモンテル画、コンデ美術館蔵

特集 旅するモーツァルト!

 モーツァルトは35年の短い人生の中で、3720日、10年以上を旅の空で過ごした。1756年にザルツブルクで生まれたモーツァルトは、人生も音楽も旅から学んだと言えるだろう。6歳にしてウィーンに赴き、マリア・テレジア女帝に謁見し演奏を披露する。翌年から、3年半にも及ぶ期間、ヨーロッパ中を旅して歩く。ドイツ各地はもちろん、ベルギー、オランダ、スイスなどと歩き、フランスでは国王ルイ15世と王妃の御前で、ロンドンでも国王ジョージ3世と王妃の御前で演奏した。
 1769年、父レオポルトと一緒にイタリア各地を旅した。ヴェローナ、ミラノ。ボローニャ、フィレンツェ、ナポリなど、旅程は1年3カ月以上にわたった。このときに残されたのが「ミゼレーレ伝説」。ローマのシスティーナ礼拝堂でアレグリ作曲の合唱曲「ミゼレーレ」を聴いた。4声の合唱と5声の合唱が歌い交わすこの曲は、1年に3日しか聴けない秘曲。14歳のモーツァルトは、一度耳にしただけで、宿で楽譜に書き起こした。後日、もう一度聴き、楽譜の誤りを正した。一音一音聴き取って書いたのではなく、アレグリが作曲したルネサンスのスタイルを推測して聴き取った。「克明に聴くのではなく、推し量りつつ聴く、その推量がかぎりなく実態に近い。これがこのエピソードにみる、モーツァルトの天才性の芯だ」と音楽評論家の澤谷夏樹氏。
 ウィーンに定住したモーツァルトの人生最後の旅はプラハ。オペラ・ブッファ「フィガロの結婚」がプラハで大成功を収め、次作の依頼を受ける。それが「コジ・ファン・トゥッテ」。亡くなる3カ月前、1791年8月から9月にかけて3度目のプラハ訪問、「皇帝ティートの慈悲」を初演している。
 「モーツァルトは諸都市をめぐる旅馬車の中で、世に満ちる音楽を受容しつつ、それらの作品とはまったく異なる彼ならではの独自性を追求していたのである」と西原稔・桐朋学園大学教授はいう。 
 他に、◎モーツァルトにとって「旅」とは何だったのか◎モーツァルトが生まれたザルツブルク、定住したウィーン◎サリエリの生涯とモーツァルト◎妻コンスタンツェ◎名曲名盤◎現代のモーツァルト演奏家、などです。


特集で紹介したDVD、CDのプレゼントもあります

BIGが語る ウェルナー・ヒンク ヴァイオリン
 ウィーン・フィルの元コンサートマスターで、ウィーン弦楽四重奏団のリーダーなどを務める。ウィーンの音楽一家に生まれ、まさにウィーンの音楽伝統を体現する存在。ウィーンの伝統として「踊るための音楽」と「緩さ」をあげる。ワルツで2拍目が遅れる理由を、「みんなで踊る夕べが盛り上がって長く続いて、ずっと演奏している第2ヴァイオリンやヴィオラが、弓を動かすのに疲れてしまって、2拍子目がずり下がって演奏するようになったのではないでしょうか。それがウィーンらしさになっています」と話す。

宮本文昭の気軽に話そう ゲスト ジャー・パンファン 二胡
 中国出身の二胡奏者。1988年に来日して世界的に活躍している。二胡との出合いはラジオだったと振り返る。「小学2年生の頃からは中国が文化大革命の時代に入り、国外の音楽や文化は入ってこなくなったのです。一方で二胡や箏、琵琶、笛といった楽器は奨励されました。街の楽器屋さんでも手軽に買えましたから、演奏する人が格段に増えました。今でも大都市には必ず伝統的な民族楽器だけのオーケストラが活動しています」と中国の状況を話した。


このほか
◎青島広志の「ブルー・アイランド版音楽辞典」
◎外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
◎小山実稚恵の「ピアノと私」
◎「鍵盤の血脈 井口基成」中丸美繪
など、おもしろい連載、記事が満載です。

次号予告
2018年7月20日(金)発売の2018年9月号は「マエストロの肖像 現代の巨匠指揮者」を特集します

お楽しみに~

↑このページのトップヘ