【発売情報】
本日、モーストリー・クラシック2018年12月号が発売になりました
同時に、Webサイト http://mostly.jp/ も更新。目次、おすすめアーティストなどチラ読みができるほか、バックナンバーのページでは、デジタル書籍も購入できます。ぜひ、サイトにお立ち寄りください


【モーストリー・クラシック12月号の主な内容】

表紙 ムソルグスキー、ラヴェル、ベートーヴェン、マーラー


特集 原曲を越える?! 編曲の面白さ
 ムソルグスキーのピアノ組曲「展覧会の絵」と、ラヴェルによる管弦楽へ編曲された「展覧会の絵」のどちらを、よく耳にしたことがあるでしょうか。クラシック音楽には原曲と同じように親しまれている編曲作品がたくさんあります。
 ムソルグスキーは1874年、「展覧会の絵」を作曲しました。友人の画家ガルトマンの遺作展を見て、インスピレーションを受け作曲されたものですが、生前は演奏されず、リムスキー=コルサコフによる編曲版が出版され、知られるようになりました。ラヴェルは1922年、ボストン交響楽団の指揮者クーセヴィツキーの依頼で、管弦楽版を作りました。これが世界で一気に「展覧会の絵」が広まるきっかけとなったのです。「展覧会の絵」は作曲家や指揮者の想像力をたいそう刺激する作品でした。それはその後も多くの編曲が生まれたことから分かります。指揮者ストコフスキー、日本の近衛秀麿、ロシアの作曲家ゴルチャコフなど枚挙にいとまがありません。ロックバンド、エマーソン・レイク・アンド・パーマーが出したロック版(71年)は、ポピュラー・ファンにも「展覧会の絵」が広まるきっかけになりました。
 バッハの毎日はとても忙しいものでした。教会の楽長を務め、毎週末の礼拝のために教会カンタータなどの音楽を書かなければいけません。ライプチヒでは、毎週、自主演奏団体コレギウム・ムジクムの指揮をし、作品を提供するなど、時間はいくらあっても足りません。ですから、自身の作品の編曲、旧作からの改変、転用などがたくさんあります。集大成の「ミサ曲ロ短調」の第1部「ミサ」の全11曲は、1733年にザクセン新選帝侯アウグスト2世に献呈された「ミサ・プレヴィス」を、ほぼそのまま転用しています。音楽ジャーナリストの寺西肇氏は「何よりも、良い素材(=旋律)を十分に生かし切りたい、との思いが強かったのではないか」と指摘します。バッハを編曲した作品でもっとも知られているのは「G線上のアリア」。ドイツのヴァイオリニスト、ウィルヘルミにより「管弦楽組曲第3番」の第2楽章「アリア」を、ヴァイオリンの最低弦G線だけでメロディーを弾けるように、編曲しました。
 民謡や伝統音楽も著名な作曲家によって編曲されています。よく知られているのはブラームスの「ハンガリー舞曲」と、ドヴォルザークの「スラヴ舞曲」。いずれも民族色を感じさせる美しいメロディーで、たちまち大ヒットしました。ハンガリー舞曲は、本当のハンガリーの民謡ではなくロマの音楽で、ブラームスは編曲と考えていました。しかし、「スラヴ舞曲」はドヴォルザークの創作。「ドヴォルザークは編曲している振りをしながら、実はそこで自分の音楽性を伸び伸びと歌い発展させている」と音楽評論家、江藤光紀氏。
 他に、◎ベートーヴェン「第九」の編曲◎「ニーベルングの指環」のオーケストラ編曲◎チャイコフスキーと編曲◎指揮者・作曲家としてのマーラーの編曲◎音楽の都、ウィーンの編曲の伝統、などです。


特集で紹介したDVD、CDのプレゼントもあります


BIGが語る 大野和士 指揮 
 新国立劇場の音楽監督に就任した大野和士。10月のモーツァルト「魔笛」から新シーズンが始まった。就任にあたって5つの目標を掲げている。第1は「レパートリーの拡充」。「新制作を年間3演目から4演目に増やします。これまで上演した新制作のいくつかは、レンタル・プロダクションで、上演すると返してしまうのでレパートリーが蓄積されません」と話す。今シーズンは「ツェムリンスキー「フィレンツェの悲劇」、プッチーニ「ジャンニ・スキッキ」、「トゥーランドット」が予定されている。ほかに、「日本人作曲家への委嘱」、「1幕物オペラの新制作」、「旬の演出家や歌手をリアルタイムで聴衆に届ける」、「内外の他の歌劇場とのコラボレーション」という目標を掲げての船出となった。

宮本文昭の気軽に話そう  ゲスト 塚田佳男 ピアノ
 日本歌曲伴奏の第一人者として活躍を続ける塚田佳男。初めは歌手を目指していた。「芸大在学中は声楽を勉強していて、そのまま二期会の研究生になったのですが、周囲がとにかく才能豊かな人ばかりでしたから、早々に歌の道はあきらめて彼らの伴奏をしていたのです」といきさつを語る。その後、ドイツに留学。今は奏楽堂日本歌曲コンクールの審査委員を務めるなど、日本歌曲の歌唱、伴奏法の指導にも力を入れる。しかし、「日本歌曲の歌唱法の確立にはまだ時間がかかりそうです」と話している。

このほか
◎青島広志の「ブルー・アイランド版音楽辞典」
◎外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
◎小山実稚恵の「ピアノと私」
◎「鍵盤の血脈 井口基成」中丸美繪
など、おもしろい連載、記事が満載です。


次号予告
2018年11月20日(火)発売の2019年1月号は「『第九』とベートーヴェンの交響曲」を特集します

お楽しみに~

【発売情報】
本日、モーストリー・クラシック2018年11月号が発売になりました
同時に、Webサイト http://mostly.jp/ も更新。目次、おすすめアーティストなどチラ読みができるほか、バックナンバーのページでは、デジタル書籍も購入できます。ぜひ、サイトにお立ち寄りください


【モーストリー・クラシック11月号の主な内容】

表紙 モーツァルト、ワーグナー、ストラヴィンスキー、カラス


特集 スキャンダル 音楽史事件簿
 新作の初演での大騒動、検閲にひっかかり書き直し、権力者の怒りに触れて改作、革命家崩れで不倫を重ねる作曲家などなど、音楽界はさまざまなスキャンダルや事件にあふれている。
 もっとも知られている新作初演の際のスキャンダルは、ストラヴィンスキーのバレエ「春の祭典」。この作品が1913年5月29日、パリのシャンゼリゼ劇場でバレエ・リュス(ロシア・バレエ団)により初演された際、音楽は怒号や口笛でかき消され、下品なやじが飛び交い、ステッキで威嚇、女性が平手打ちで応酬するなど大混乱に陥った。警察官を動員しても騒ぎは収まらなかったという。音楽だけでなく、原始ロシアの異教徒が、春の訪れを願い神々に処女を捧げる「祭典」を描いており、ニジンスキーが振り付けたバレエも物議を醸した。
 スキャンダラスな作曲家といえばワーグナーを筆頭にあげよう。ドレスデンの宮廷楽長に出世していたワーグナーは、こともあろうに、ロシアの革命家バクーニンと組んで、ドレスデン市民革命で指導的な役割を果たすことになった。しかし、プロイセン軍が介入し、革命を鎮圧。ワーグナーは間一髪で逮捕を免れ、スイス・チューリッヒに亡命する。
 そこで、まずボルドーのワイン商人の夫人ジェシー・ロソーに手をだす。もちろんワーグナーにはミンナという妻がいる。この関係が破綻すると、今度は絹織物商人の妻マティルデ・ヴェーゼンドンクと恋愛関係になる。夫のヴェーゼンドンクはワーグナーのパトロンとして、家まで提供していたにもかかわらずだ。マティルデが書いた詩に作曲したのが「ヴェーゼンドンク歌曲集」。「トリスタンとイゾルデ」にも影響を与えたという。「逆境に陥っては、その都度信じがたいほどの強運によって救われていく。その強運は単なる偶然ではなく、芸術と人間の両面において類い希な吸引力があってこそだったことは確かだろう」と音楽評論家、吉田真氏は記している。
 ショスタコーヴィチのオペラ「ムツェンスク郡のマクベス夫人」は、1934年1月22日、レニングラードのマールイ劇場で初演された。その後2年間でレニングラードとモスクワで177回も舞台にかけられた大ヒット作。しかし、36年1月26日、スターリン、モロトフ、ジダーノフら共産党幹部が観劇。2日後の「プラウダ」に「調子の外れた理解不能な音の流れに、出だしから面食らわされる。これは人間の音楽ではなく、極左的な混沌だ」とめちゃくちゃに批判される。この記事はスターリンの指示によることは間違いない。スターリンの逆鱗に触れたショスタコーヴィチは「カテリーナ・イズマイロワ」として改訂せざるを得なかった。
 他に、◎「椿姫」初演失敗の真相◎演奏不能とされた名曲◎お騒がせスター作曲家ベルリオーズ◎モーツァルト「レクイエム」の謎◎ナチス政権下における「退廃音楽」◎ザビーネ・マイヤー事件◎文化大革命と中国のピアニストたちの命運◎音楽界を騒がせたキャンセル魔たち、などです。


特集で紹介したDVD、CDのプレゼントもあります


BIGが語る リッカルド・ムーティ 指揮 (下)
 ムーティの「BIGが語る」はこれで最終回。前回は、イタリア・オペラのカット問題、楽譜を改変して歌う歌手などについて話した。今回は、これまでに出会ったリヒテルやカラヤンら偉大な音楽家、オーケストラとの関係などを語っている。指揮者コンクールを通ったばかりのムーティが、共演予定のリヒテルに呼ばれ、モーツァルトとブリテンのピアノ協奏曲のピアノ伴奏をさせられた。リヒテルはムーティを試したのだ。「私が弾いているとリヒテルが時々私を見るのが感じられました。弾き終わった時、彼は立ち上がって、通訳の人に『ピアノを弾くように指揮をするなら良い音楽家、良い指揮者です。受けましょう』と言ったのです」とムーティは当時の様子を話す。

宮本文昭の気軽に話そう ゲスト 高関健 指揮
 宮本文昭の後任として東京シティ・フィルの常任指揮者を受け継いで3年目になる。さらに3年、2021年3月まで契約が延長された。「ここ数年で組織としての意識も変わったと思います。おそらく宮本さんが助言をしてくださったことも実になってきていると思いますが、特別なことをしているつもりはありません。一生懸命に練習して、こうすればいいんじゃないかということをきちんと話し合って、ひとつひとつクリアしていくというだけのことです」と語る。

このほか
◎青島広志の「ブルー・アイランド版音楽辞典」
◎外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
◎小山実稚恵の「ピアノと私」
◎「鍵盤の血脈 井口基成」中丸美繪
など、おもしろい連載、記事が満載です。


次号予告
2018年10月20日(土)発売の2018年12月号は「『展覧会の絵』『G線上のアリア』原曲と編曲の面白さ」を特集します

お楽しみに~

【発売情報】
本日、モーストリー・クラシック2018年10月号が発売になりました
同時に、Webサイト http://mostly.jp/ も更新。目次、おすすめアーティストなどチラ読みができるほか、バックナンバーのページでは、デジタル書籍も購入できます。ぜひ、サイトにお立ち寄りください


【モーストリー・クラシック10月号の主な内容】

表紙 ベートーヴェン、ピアノ・ソナタ第32番第1楽章の冒頭部分、1817年に贈られた英ブロードウッドのフォルテピアノ

特集 ピアノ・ソナタの魅力

 ベートーヴェン(1770-1826)は32曲のピアノ・ソナタを残した。その創作時期は初期、中期、後期に分けられる。初期には第8番「悲愴」、第12番「葬送」、第14番「月光」、第15番「田園」などがある。中期には第17番「テンペスト」、第21番「ワルトシュタイン」、第23番「熱情」、第24番「テレーゼ」、第26番「告別」などが生まれた。そして後期は、第29番「ハンマークラヴィーア」、最後の第30、31,32番の3つのソナタなどがある。
 音楽学者の平野昭氏は「40年に及んだピアノ・ソナタ創作はベートーヴェンにとって長い冒険の旅であった。すべてのソナタがそうであるというわけではないが、18世紀的なサロン音楽であったピアノ・ソナタを一級の芸術表現にまで高めた。また、ピアノ・ソナタで実験したさまざまな革新的表現をオーケストラ音楽でも試み、最終的には調性音楽として必要十分な条件を備えた弦楽四重奏曲に究極的な姿で収斂させたと言ってよい」と記す。
 ピアニストにとって、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲の録音は大きな挑戦である。マウリツィオ・ポリーニは1975年、第30番、第31番からスタートしたが、最後は2014年。なんと39年かけて完成させた。「コンピューターのように正確、と称された若き時代のポリーニが徐々にヒューマンな色合いを深め、円熟の極致に至る。その演奏の変遷が理解できる入魂作」と音楽評論家の伊熊よし子氏。ほかに、日本で初めてピアノ・ソナタ全曲演奏を行ったケンプ、またシフ、バレンボイム、グード、ブッフビンダーらが全集を作っている。
 特集ではスカルラッティ、クレメンティ、ハイドン、モーツァルト、シューベルト、ショパン、リストら多くの作曲家のピアノ・ソナタを取り上げている。作曲家にとってピアノ・ソナタの作曲は、ソナタ形式を習熟するために必須だった。作曲は習作期を抜けて間もない時期か、後半生の両極に分かれる、と音楽評論家の高久暁氏。それゆえ作品番号は1ケタが多い。作品2はベートーヴェン、ブラームス。作品3はメンデルスゾーン、カルクブレンナー。作品4がショパン、ワーグナーなど。「キャリア最初期にできの良いソナタを作曲、出版すれば作曲能力のデモンストレーションになったし、ピアニストとしての活動を志したのであれば、自作自演のピアノ・ソナタやピアノ協奏曲、室内楽曲を早くに作曲して活動の基盤を固めるのが当然」と高久氏は書いている。
 他に、◎ピアニストから見たモーツァルト「ピアノ・ソナタ」の魅力◎スカルラッティの美を見いだしたホロヴィッツ◎ソナタ形式をめぐって◎ピアノ学習者にとってソナタとは?◎フォルテピアノ弾きたちのピアノ・ソナタ、などです。


特集で紹介したDVD、CDのプレゼントもあります

BIGが語る リッカルド・ムーティ 指揮 (中)
 前回は生い立ちを詳しく語ったリッカルド・ムーティ。今回は指揮者としての心構え、イタリア・オペラのカット問題などを舌鋒鋭く話している。「今日では、多くの若手指揮者は指揮台の上で飛び跳ねたり、演奏会の前でまるでサメのように大きな口を開けたり、泣いて悶えたり…サーカスの公演のようになってきています。音楽表現のためには内面的な肉体のエネルギーが必要なのに、指揮台上で外面的に発散しているかのようです。その力強いエネルギーは内的に爆発させるというのが真の指揮者の表現法です」

宮本文昭の気軽に話そう ゲスト 漆原朝子 ヴァイオリン
 姉の漆原啓子もヴァイオリニスト。父親は船員でクラシック好きだった。ロンドンでバックハウス聴いたこともあったという。啓子が母親のお腹にいるとき、航海に出る父親が「ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集を母に渡して、これを毎日聴くように、と言ったそうです。母はそれを守って毎日聴いたそうです。それで姉には音楽のセンスが備わったみたいです」というエピソードを話す。しかし、自身のときには「その頃には母はもう胎教でレコードを聴くことに飽きていたみたいです」とのこと。ヴァイオリニストの姉妹はこうして育った。

このほか
◎青島広志の「ブルー・アイランド版音楽辞典」
◎外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
◎小山実稚恵の「ピアノと私」
◎「鍵盤の血脈 井口基成」中丸美繪
など、おもしろい連載、記事が満載です。

次号予告
2018年9月20日(木)発売の2018年11月号は「センセーショナルな音楽史 スキャンダルを起こした作品」を

お楽しみに~

↑このページのトップヘ