【発売情報】
本日、モーストリー・クラシック2019年7月号が発売になりました
同時に、Webサイト http://mostly.jp/ も更新。目次、おすすめアーティストなどチラ読みができるほか、バックナンバーのページでは、デジタル書籍も購入できます。ぜひ、サイトにお立ち寄りください


【モーストリー・クラシック7月号の主な内容】

表紙 第15回チャイコフスキー国際コンクール、アシュケナージ、諏訪内晶子、トリフォノフ、クレーメル

特集 世界の音楽コンクール
 国際音楽コンクール世界連盟に加盟しているコンクールだけでも世界に122もある。日本も世界もコンクールだらけだ。あまり知られていないコンクール1つに入賞したぐらいでは注目されず、演奏家としてやっていくことはまず無理だ。それゆえ若き音楽家は次々とコンクールを目指す。
 6月17日に開幕するのはチャイコフスキー国際コンクール。第1回コンクールは1958年に行われた。実行委員長はショスタコーヴィチ、ピアノ部門の審査委員長はエミール・ギレリス。ヴァイオリン部門の審査委員長はダヴィド・オイストラフ。ソ連の威信を見せつけるはずだったが、ピアノ部門の優勝者はアメリカのヴァン・クライバーン。クライバーンの先生ロジーナ・レヴィンはロシア出身。ロシア・ピアニズムをたたき込まれたクライバーンを、審査員も聴衆も支持したのだ。逆にこのことがチャイコフスキー・コンクールを世界に知らしめたのかもしれない。
 チャイコフスキー・コンクールは日本人と相性がいい。第1回コンクールでピアノの松浦豊明が7位に入ったのを皮切りに、小山実稚恵が第7回(1982年)で3位、2002年の第12回で上原彩子が優勝を勝ち取る。ヴァイオリン部門のほうが入賞者は多い。第2回(1962年)で久保陽子が3位で初めて入賞、以後、潮田益子、佐藤陽子、藤川真弓らが入り、第9回(1990年)で諏訪内晶子が優勝を果たす。さらに第13回(2007年)にも神尾真由子が優勝した。
 ピアノコンクールの最高峰と言われるのはショパン国際ピアノコンクール。ショパンの祖国ポーランドの首都ワルシャワで5年に1度開催される。第1回コンクールは1927年、ソ連のレフ・オボーリンが優勝した。実はこの第1回にショスタコーヴィチも参加していた。コンクール直前に急性虫垂炎にかかるアクシデントに見舞われ、入賞はならなかった。
 ショパン・コンクールは後世に残るピアニストを輩出してきた。アシュケナージ、ポリーニ、アルゲリッチは現役で活躍、ツィメルマン、ブレハッチらと続き、直近の第17回(2015年)では韓国のチョ・ソンジンが優勝を飾った。チョは2009年の第7回浜松国際ピアノコンクールでも優勝している。
 ショパン・コンクールでは日本人優勝者は出ていない。第8回(1970年)の内田光子の2位が最高位で、第11回(1985年)4位の小山実稚恵、第12回(1990年)3位の横山幸雄らがいる。小山はショパンとチャイコフスキー両コンクールで入賞した唯一の日本人。
 ほとんどの演奏家がコンクールを足がかりに世に出る一方、コンクールをほとんど経験しない飛び抜けた才能を持つ音楽家も一部にいる。たとえばデビュー盤のバッハ「ゴルトベルク変奏曲」が大ヒットしたカナダのグールド。地元の小さいコンクール歴はあるが、キャリアが飛躍したのは「ゴルトベルク」からだ。もう一人、ピアニストではソ連出身のキーシン。11歳でリサイタル・デビュー、12歳で協奏曲デビューするなど、圧倒的な才能はコンクールを受ける必要がなかった。ヴァイオリニストのムターも神童で早熟だった。13歳でルツェルン音楽祭に出演し、カラヤンに認められ、ベルリン・フィルのソリストに起用された。カラヤンはヴァイオリン協奏曲の録音に必ずムターを使った。このように巨匠が若い音楽家を育てたケースもある。
 このほか、難関とされるミュンヘン国際音楽コンクール、ジュネーヴ国際音楽コンクール、小澤征爾、佐渡裕、沼尻竜典らを輩出したブザンソン国際青年指揮者コンクール、声楽部門が加わったロン=ティボー=クレスパン国際音楽コンクールなどさまざまなコンクールを取り上げている。
 他に、◎コンクールは何のために◎ソ連時代に行われた全ソ音楽コンクール◎ピアノメーカーの戦いでもあるコンクール◎ブーニン・ブームとは何だったのか◎日本のさまざまなコンクール、などです。

特集で紹介したDVD、CDのプレゼントもあります

宮本文昭の気軽に話そう ゲスト クラリネット 四戸世紀
 読売日本交響楽団の首席奏者を務め、現在は東京音楽大学教授の四戸世紀。海外に出たきっかけが驚きだ。「ベルリン・フィルのカール・ライスターが来日したとき、どうしてもレッスンをしてほしかったので、パーティーで恐る恐るお願いしたんです」と話す。そして、モーツァルトを10分くらい吹いただけで、弟子にするからベルリンに来ないか、と誘われた。「人生が変わっちゃいましたね。しかも奨学金がもらえて、ベルリン・フィルのリハーサルも自由に聴けるわけですから行かないわけがない」といきさつを話している。

ステージ 河村尚子 ピアノ
 ドイツと日本を拠点に活躍を続ける河村尚子。このほどソニーからベートーヴェンのピアノ・ソナタ集のCDをリリースした。ピアノ・ソナタ第4番、第7番、第8番「悲愴」、第14番「月光」が収められている。今秋にはピアノ・ソナタ第23番「熱情」などを入れた第2彈をリリースする予定になっている。また、今秋公開予定の映画「蜜蜂と遠雷」では、主人公、栄伝亜夜のピアノ演奏を担当している。映画で一般の方々に芸術に関心をもってもらう良い機会、と喜ぶが、「娘をピアニストにさせたい、という楽観的な希望を持ってもらいたくないのです。ものすごくハードな職業だからです」と話した。


このほか
◎青島広志の「ブルー・アイランド版音楽辞典」
◎外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
◎小山実稚恵の「ピアノと私」
◎「鍵盤の血脈 井口基成」中丸美繪
など、おもしろい連載、記事が満載です。

次号予告
2019年6月20日(木)発売の2019年8月号は「シューベルトの3大歌曲集 リートの魅力」を特集します

お楽しみに~

【発売情報】
本日、モーストリー・クラシック2019年6月号が発売になりました
同時に、Webサイト http://mostly.jp/ も更新。目次、おすすめアーティストなどチラ読みができるほか、バックナンバーのページでは、デジタル書籍も購入できます。ぜひ、サイトにお立ち寄りください


【モーストリー・クラシック6月号の主な内容】

表紙 カラヤン、カラス、フルトヴェングラー、デュ・プレ

特集  演奏家 最後の録音
 亡くなるまで現役を貫く、引退して第一線を退く、不慮の事故で亡くなる、など演奏家の“終活”の形はさまざま。特集では、指揮者、ピアニスト、弦楽器奏者、歌手など著名演奏家の最後のコンサートや録音がどう行われたか、などをくわしく解説している。
 20世紀を代表する指揮者アルトゥ-ロ・トスカニーニ。晩年、アメリカのNBC放送がトスカニーニのために作ったNBC交響楽団を指揮していた。1954年4月3日、ワーグナー・プログラムにリハーサルが行われた。「神々の黄昏」の「夜明けとジークフリートのラインへの旅」のところで、記憶違いを起こした。正しいティンパニーの演奏を、間違いと注意してしまったのだ。翌4日のコンサートでは、3曲目の「タンホイザー」より序曲とバッカナーレのところで、再び記憶をなくし、約20秒、指揮台の上に立ち尽くした。
 何とかコンサートを終え、自宅に戻ったトスカニーニは「まるで夢の中で指揮をしているようだった。私は何をしているのかすら、分からなかった」と家族に語った。これをきっかけに87歳のトスカニーニは引退、最後のコンサートになった。このときの録音がCDでリリースされている。しかし、音楽評論家の諸石幸生氏は「裏にこのようなドラマが起きていたことなど感じさせない、まさにトスカニーニの白熱的な演奏」と評している。
 病気で引退を余儀なくされ、早世したのはイギリスの名チェリスト、ジャクリーヌ・デュ・プレ。子供の時から優れた才能を表し、16歳でロンドン・ウィグモアホールにおいてデビュー・リサイタルを行う。「ミズ・デュ・プレには、有望などという言葉を使うのは失礼に思われる」(ザ・タイムズ)などと大絶賛され、センセーションを巻き起こした。
 1967年、22歳のとき、ダニエル・バレンボイムと結婚。やがて体の不調が続いた。実は、後に分かるが、彼女は多発性硬化症を発症していた。71年、一時的に体の調子がよくなったデュ・プレとバレンボイムは、ショパンのチェロ・ソナタとフランクのヴァイオリン・ソナタ(チェロ版)を練習し、レコーディングを行った。これが彼女の最後の録音となった。73年には来日するが、コンサート直前にキャンセルする。87年、42歳の若さで逝った。
 このほか、オペラは引退していたが、日本へのリサイタル・ツアーが最後の演奏となった不世出の歌手マリア・カラス、亡くなる前日である1989年11月4日まで録音を行い、生涯現役を貫いたピアニスト。ホロヴィッツら多くの演奏家を取り上げている。
 他に、◎最後の演奏や録音が意味するところとは…◎高齢もしくは最晩年の指揮者とオーケストラの最良の関係◎フルトヴェングラー、クーベリック、カラヤンの最後の録音◎オイストラフ、ミルシテインハイフェッツの最後の録音◎リパッティ、ルービンシュタイン、ミケランジェリの最後の録音、などです。

特集で紹介したDVD、CDのプレゼントもあります


宮本文昭の気軽に話そう ゲスト 尺八・オークラウロ奏者 小湊昭尚
 大倉喜七郎男爵が大正時代末期から尺八を改良したオークラウロ。忘れ去られ幻の楽器となっていた。この楽器に新たな生命を吹き込むのが小湊昭尚。福島県の民謡小湊流の家元の長男に生まれ、人間国宝の故山口五郎に師事した。「不思議な楽器だと思われるでしょうね。見た目が金属製のフルートですが、縦に構えて演奏します。歌口は尺八と同じ形状なのです。音をうまく出せるまでにかなりの試行錯誤を重ねました」と話す。

サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン2019
 サントリーホール恒例の室内楽のフェスティバル「サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン2019」が6月1日(土)から16日(日)まで、サントリーホール ブルーローズで開催される。今年で9回目。「様々な室内楽がまるで花のように咲き乱れるイメージでガーデン(庭)と名前を付けました」と堤剛同ホール館長。目玉の1つ、ベートーヴェン・サイクルに出演するのは、ドイツのクス・クァルッテット。「プレシャス 1pm」は1時間の短いコンサート。「ディスカバリーナイト」は、ジョン・健・ヌッツォら演奏家が温めてきた「秘蔵の企画」で室内楽の醍醐味を。さらに、同ホールの室内楽アカデミーのファカルティ(講師)やフェローが大活躍する。


このほか
◎青島広志の「ブルー・アイランド版音楽辞典」
◎外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
◎小山実稚恵の「ピアノと私」
◎「鍵盤の血脈 井口基成」中丸美繪
など、おもしろい連載、記事が満載です。

次号予告
2019年5月20日(月)発売の2019年7月号は「世界のコンクール」を特集します

お楽しみに~

【発売情報】
本日、モーストリー・クラシック2019年5月号が発売になりました
同時に、Webサイト http://mostly.jp/ も更新。目次、おすすめアーティストなどチラ読みができるほか、バックナンバーのページでは、デジタル書籍も購入できます。ぜひ、サイトにお立ち寄りください


【モーストリー・クラシック5月号の主な内容】

表紙 バッハ、聖トーマス教会、キリスト

特集 音楽の父バッハとマタイ受難曲
 今年の復活祭は、カトリックなど西方教会では4月21日(日)で、1週間前の14日からは受難週(聖週間)になる。この時期に受難曲が演奏される。受難とは、捕縛されたイエス・キリスト十字架に磔にされ、死を遂げたこと。その3日後に蘇り、「復活」した。その日が復活祭。受難曲は古代、中世から存在し、そのテキストとなったのは、新約聖書の中核となるマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネによる「福音書」。福音(良い知らせ)を伝える人が福音史家だ。
 プロテスタントのルター派は特にオラトリオ風受難曲をたくさん生んでいる。プロテスタントのバッハは5つの受難曲を書いたと言われるが、現在残っているのは「マタイ受難曲」と「ヨハネ受難曲」の2つのみ。「マタイ受難曲」は、ライプチヒの聖トーマス教会のカントル(楽長)時代の1727年4月11日に初演された。この曲の大きな特徴は2つの演奏団体を用いること。演奏に約3時間かかる大作だが、オペラ以上に劇的な構成と巧みで魅力的な音楽は長さを感じさせない。
 イエスを「死罪だ」と叫び、つばを吐きかける群衆。「今宵、鶏が鳴くまでに、あなたは3度、『私を知らない』と否定するだろう」とペテロに話すイエス。そして弟子たちは師を見捨てる。「バッハが『マタイ受難曲』を他人事と捉えていなかったことがよく分かる。この曲に登場する群衆も弟子も、結局自分の中に弱さを抱えている自分であり、あなたなのではないか?」とヨーロッパ文化史研究の小宮正安氏は指摘する。
 「マタイ受難曲」はバッハの死後、忘れられていたが、1829年、メンデルスゾーンが、短くした版で復活上演した。メンデルスゾーンはゲヴァントハウス管弦楽団の指揮者に就任した1841年にも再び取り上げた。「この選曲は同楽団での彼の方針を宣言するとともに、バッハゆかりの都市での演奏することに彼は特別の意義を見いだしていた」と西原稔・桐朋学園大教授。
 また、無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ、グールドが2度録音したゴルトベルク変奏曲、平均律クラヴィーア曲集、ブランデンブルク協奏曲など器楽曲、管弦楽曲も特集で取り上げている。
 他に、◎福音史家の役割と名福音史家たち◎メンデルスゾーン版「マタイ受難曲」を指揮する鈴木優人◎世俗カンタータの魅力と名盤◎ワーグナーの「パルジファル」と受難劇◎無伴奏チェロ組曲◎バッハ時代の楽器、などです。

特集で紹介したDVD、CDのプレゼントもあります


宮本文昭の気軽に話そう ゲスト 藤木大地 カウンターテナー
 2017年、ライマンのオペラ「メデア」のヘロルド役でウィーン国立歌劇場にデビューした。日本人、東洋人のカウンターテナーとして初めて快挙だった。テノールからカウンターテナーに転向したのは30歳のとき。風邪をひき、声が出なくなり、裏声で練習していたら、自分の新たな声、カウンターテナーを“発見”したという。「レパートリーはテノールとまったくかぶりません。もう30歳でしたから、コンクールをすぐに受け始めて、課題曲を学ぶことで、実地でレパートリーを作っていきました」と話す。

東京・春・音楽祭が15周年を迎える
 3月から4月にかけて東京文化会館を中心に東京・上野公園にある文化施設などで行われている東京・春・音楽祭が今年で15周年を迎えた。音楽祭は2005年に「東京のオペラの森」という名称で始まった。この年は小澤指揮、ロバート・カーセン演出によるR.シュトラウス「エレクトラ」が上演された。09年に現在の名称に変更され、東京の春の風物詩となっている。1カ月にわたる音楽祭は、すでに開幕している。これから間に合う演奏会の注目の1つは、4月6日に行われる「マラソン・コンサート」。「宮廷の時代―5つの“響き”」をテーマに、午前11時開演から午後7時開演まで、5つのコンサートが行われる。

このほか
◎青島広志の「ブルー・アイランド版音楽辞典」
◎外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
◎小山実稚恵の「ピアノと私」
◎「鍵盤の血脈 井口基成」中丸美繪
など、おもしろい連載、記事が満載です。


次号予告
2019年4月20日(土)発売の2019年6月号は「ピアニスト、ヴァイオリニスト、指揮者巨匠、演奏家たちの最後の録音」を特集します

お楽しみに~

↑このページのトップヘ