【発売情報】
本日、モーストリー・クラシック2017年9月号が発売になりました
同時に、Webサイト http://mostly.jp/ も更新。目次、おすすめアーティストなどチラ読みができるほか、バックナンバーのページでは、デジタル書籍も購入できます。ぜひ、サイトにお立ち寄りください


【モーストリー・クラシック9月号の主な内容】

表紙 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

特集 一歩先の学び直し 交響曲&指揮者
 交響曲はオペラの序曲から独立して発生した。「序曲の自立が可能になる背景にオーケストラ・コンサートの成立があり、18世紀における経済活動の活発化、啓蒙された市民の台頭がそれを支えたことは言うまでもない」とバッハ研究家の磯山雅氏は記している。18世紀の交響曲の主題カタログには1万6000曲以上も収録されており、今日まで演奏されている作品はほんのわずかしかない。多くの作品は1回切りの演奏で終わっているだろう。
 特集は古典派、ロマン派、20世紀と時代を分けて、「名曲が名曲である訳」を解説している。“交響曲に父”ハイドンは交響曲第94番「驚愕」を取り上げた。「渾身の自作を披露している演奏会なのに、着飾った貴婦人たちが客席できまって居眠りするのに、作曲家は辟易していた。そこで一計を案じ、緩徐楽章を静かに始めて、突然、フォルティッシモの全奏で叩き起こす交響曲を上演した。その策は奏功し、以後、彼の演奏会で居眠りする者はいなくなった」。音楽ジャーナリストの寺西肇氏はこの曲に関する有名なエピソードを紹介している。そして、この逸話は「ハイドンのウィットに富んだ人柄や音楽の特徴を、うまく捉えている」という。
 ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」の演奏の変遷を、桐朋学園大の西原稔教授が追っている。「『英雄』は、第5番とともに指揮者の思想や哲学はとくに前面に出てくる作品である。指揮者の作品との取り組みを知るうえで、この『英雄』ほど格好の作品はないのではないだろうか」と書く。フルトヴェングラーが1952年にウィーン・フィルを指揮した録音は、「雄渾の一言に尽きる」。対してトスカニーニが1939年にNBC交響楽団を指揮した「英雄」は、「感傷的な思い入れを払しょくするかのように爽快」。アバドはベルリン・フィルの伝統を強く意識し、「やや速めにテンポを取り、流動性豊かな『英雄』に仕上げている」。アーノンクールについては「古典奏法や演奏解釈に立ち返った彼の演奏は改めてベートーヴェンとは何かを問いかけた」という。指揮者の数だけ演奏解釈があり、それは時代とともに変わっていく。
 他に、◎モーツァルト:交響曲第25、41番「ジュピター」◎ベートーヴェン:交響曲第5、9番「合唱」◎マーラー:交響曲第6番「悲劇的」◎ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」◎名指揮者再発見 ムラヴィンスキー、バーンスタイン◎交響曲「田園(パストラル)」の「田園」とは何か◎私の交響曲遍歴 佐伯一麦◎交響曲を聴くならこのオーケストラ、などです。


特集で紹介したDVD、CDのプレゼントもあります

宮本文昭の気軽に話そう ゲスト 朴葵姫(パク・キュヒ) ギター
 韓国・仁川生まれで、荘村清志や福田進一に師事、日本で活躍する人気ギタリスト、朴葵姫。ソロやタレガ・ギター・カルテットでの活動、オーケストラとの共演も多い。ただ、「オーケストラの楽員の皆さんや指揮者の方に迷惑をかけてはいけないという気持ちが強くなり、とても緊張します。最初のリハーサルで、楽員さんに紹介していただく瞬間まで緊張が続いています」と緊張ぶりを話す。そして、演奏を失敗しないように、「うまくいった日のことを思い出し、できるだけ同じことをしてみます。あのときは何を食べたっけ、事前にどのくらい練習をして、コンサートが始まる何分前には練習を終わらせて」と決まった行動を取ることを説明する。

戦没学生のメッセージ~戦時下の東京音楽学校・東京美術学校
 東京芸術大学は7月30日、「戦没学生のメッセージ~戦時下の東京音楽学校・東京美術学校」と題したシンポジウムとコンサートを東京・上野の同大奏楽堂などで行う。今年、同大が130周年を迎えることをきっかけに、第2次世界大戦で亡くなった学生の作品にスポットを当てようと企画された。
 コンサートで取り上げる戦没学生は4人。歌曲「犬と雲」などが演奏される葛原守さんは、昭和15年4月、東京音楽学校予科に入学。繰り上げ卒業し、20年4月、台湾で戦病死した。鬼頭恭一さんは18年11月、本科作曲部を仮卒業し、学徒出陣。霞ヶ浦航空隊で訓練中に事故により殉職。「アレグレット」、歌曲「雨」などが演奏される。「ピアノソナタ第1番」などを残した草川宏さんは本科作曲部を繰り上げ卒業し研究科に進学。20年6月2日、フィリピン・ルソン島バギオで戦死した。オペラ「白狐」より「こはるの独唱」などが演奏される村野弘二さんは17年に予科に入学、本科作曲部を仮卒業し、学徒出陣。20年8月21日、フィリピン・ルソン島ブンヒヤンで自決した。
 同大演奏芸術センターの大石泰教授は「志半ばで戦地に赴き、命を落とした音楽学生らの作品を、実際の音として蘇らせようというコンサートです。彼らが残した作品は未熟かもしれませんが、その1つ1つが遺言ともいえるもので、強いメッセージを訴えかけてきます」と話す。

このほか
◎青島広志の「ブルー・アイランド版音楽辞典」
◎外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
◎小山実稚恵の「ピアノと私」
◎「鍵盤の血脈 井口基成」中丸美繪
など、おもしろい連載、記事が満載です。

次号予告
2017年8月19日(土)発売の2017年10月号は「クラシックは神童だらけ!」を特集します

お楽しみに~

【発売情報】
本日、モーストリー・クラシック2017年8月号が発売になりました
同時に、Webサイト http://mostly.jp/ も更新。目次、おすすめアーティストなどチラ読みができるほか、バックナンバーのページでは、デジタル書籍も購入できます。ぜひ、サイトにお立ち寄りください


【モーストリー・クラシック8月号の主な内容】

表紙 ベートーヴェン

特集 天才作曲家 最後の作品

 作曲家の最後の作品には、自ら死期を悟って作曲した作品と、病気、思わぬアクシデントなどで亡くなり結果的に最後の作品になってしまったものがある。多くの作曲家に未完の作品が残されている。それは亡くなるまで作曲を続けざるを得なかった作曲家の性もあるだろう。
 さまざまな作曲家の最後の作品で、もっとも知られているエピソードの1つが、モーツァルトの「レクイエム」。病気に冒され、借金で生活が困窮しているモーツァルトのところへ、黒ずくめの男が「匿名でレクイエムを作曲してほしい」と依頼に来た。しかし、病状の進んだモーツァルトは「レクイエム」を完成させることは出来なかった。作曲途中で、「自分のためのレクイエム」と思ったのでは、という話も伝えられている。
 もう1つ、チャイコフスキーが交響曲第6番「悲愴」を作曲し終えたのは1893年8月。「悲愴」というタイトルも自身で付けている。初演は自らの指揮で10月16日にサンクトペテルブルクで行われた。しかし、9日後の10月25日、肺水腫で急死した。自殺だったという噂は今も絶えない。自殺説は「悲愴」というタイトルも影響している。しかし、「悲愴」と同時にほかの曲の作曲も続けていた。元チャイコフスキー博物館学芸員のマリーナ・チュルチェワ氏は「死の直前まで多忙を極めていた。『悲愴』は究極の世界でも辞世の句でもない、まだまだ、途上だったのである」と記している。
 シューベルトとマーラーの人生は、いつも死の意識に捕らわれていた。シューベルトは14人兄弟だったが、成人できたのは5人だけ。死は身近だった。また、1823年、梅毒に感染したことを知った。当時、それは死の病だった。歌曲「死と乙女」、「美しき水車小屋の娘」「冬の旅」など著名な歌曲集は、死のテーマから逃れられない。また、50歳という働き盛りで亡くなったマーラーも死をモチーフにした作品が多い。交響曲第10番は未完に終わっており、今日まで多くの補筆版が作られた。「この曲は、きらびやかな『大地の歌』や緻密な第9番とはまったく異なって、死が作曲家を破壊しつつある様子をまざまざとうかがわせる」と音楽評論家の許光俊氏。
 特集では、名演奏家の最後の録音も取り上げている。リパッティの「告別リサイタル」、ホロヴィッツの「ザ・ラスト・レコーディング」、グールドの「ゴルトベルク変奏曲」、ヴァントのブルックナー「ロマンティック」など今日まで聴かれるCDを紹介している。
 他に、◎バッハ 数々の傑作と幾つもの謎◎ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第16番◎ブルックナー 交響曲第9番とフィナーレ◎R.シュトラウス「4つの最後の歌」◎夭折の作曲家たち◎ケッヘル番号を作った愛好家ケッヘル、楽譜を整理し作曲家の全体像を作り上げた人々、などです。 


特集で紹介したDVD、CDのプレゼントもあります

BIGが語る 小川典子 ピアノ・浜松国際ピアノコンクール審査委員長
 イギリスと日本を本拠に活動するピアニスト、小川典子が、浜松国際ピアノコンクールの審査委員長に就任。このほど開催概要を発表する記者会見が行われた。浜松国際ピアノコンクールは、一昨年2015年のショパン・コンクールで優勝したチョ・ソンジンが15歳のとき、2009年の浜松コンクールで優勝していることから音楽界では一挙に知名度がアップ。また、今年の直木賞、本屋大賞をダブル受賞した恩田陸の「蜜蜂と遠雷」が、浜松コンクールを題材にした小説で、一般にも名前が浸透した。そうした状況で審査委員長に就任した小川。「若いピアニストの離陸のお手伝いをするつもりで、大きな野心を持って全力で臨みたい。まずは浜松のコンクールを受けて、ではなく浜松が最後のコンクールになってほしい。それが私の野心です」と話している。

宮本文昭の気軽に話そう ゲスト ヴィタリ・ユシュマノフ バリトン
 ロシア・サンクトペテルブルク生まれで、現在は日本で活動を続けるバリトン歌手、ヴィタリ・ユシュマノフ。なぜ日本に住んでいるかというと、2008年に初めて来日し、成田空港に降り立った際、「日本についての知識もありませんし、日本語も話せませんし。でも空気を感じただけで『ここに住みたい』と思ったのです」と話す。歌手になった経緯も人と少し違う。18歳まで音楽にはまったく興味がなかった。テレビでドミンゴとカレーラスのクリスマス・コンサートを見て、突然「歌手になりたい」と思ったのだという。「日本が好きすぎる、変なロシア人」ユシュマノフの話が楽しい。

このほか
◎青島広志の「ブルー・アイランド版音楽辞典」
◎外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
◎小山実稚恵の「ピアノと私」
◎「鍵盤の血脈 井口基成」中丸美繪
など、おもしろい連載、記事が満載です。

2017年7月20日(木)発売の2017年9月号は「モーストリー・クラシック流 交響曲・管弦楽曲入門」を特集します

お楽しみに~

【発売情報】
本日、モーストリー・クラシック2017年7月号が発売になりました
同時に、Webサイト http://mostly.jp/ も更新。目次、おすすめアーティストなどチラ読みができるほか、バックナンバーのページでは、デジタル書籍も購入できます。ぜひ、サイトにお立ち寄りください


【モーストリー・クラシック7月号の主な内容】

表紙 ベルリン・フィルを指揮するサイモン・ラトル 

特集 2017年版 最新! 世界のオーケストラと指揮者
 サイモン・ラトルとベルリン・フィルが11月に来日する。2017/18シーズンをもってベルリン・フィルの首席指揮者兼芸術監督を退任するので、このコンビでの来日は、今回が最後となる。ラトルはクラウディオ・アバドの後任として今のポストに就いた。「就任すると発表されたとき、それを不可解な決定だと考えた人は、そう多くはなかったはずである。ひとことで言って、同世代にライバルがいなかった」と音楽評論家の許光俊氏は記す。
 ラトルは現代作品に強い関心を示し、オペラにも積極的だった。カラヤン時代、そしてアバドとも違う新風をベルリン・フィルに吹き込んだ。ラトルは2017/18シーズンから母国ロンドン交響楽団の音楽監督に就任する。ラトルの後任には、バイエルン州立歌劇場の音楽監督を務めるキリル・ペトレンコがつく。約1年前に発表されたが、ラトルのときと違い、大きな驚きをもって受け止められた。知名度の点で劣っていたことがその理由の1つだろう。
 ペトレンコはこの3月、首席指揮者指名後に初めてベルリン・フィルを指揮、チャイコフスキーの「悲愴」などを演奏した。ベルリン在住の音楽評論家、城所孝吉氏は、今回は客演なのだから「インタビューを見ると、オーケストラにどのように接するべきかについて、彼が何度も熟考を重ねたことがよく分かる。1回の演奏会だけで100パーセント達成しなくてもいい、という発想には清さを感じる。先は長いのだから、急ぐ必要はないのである」と寄稿した。
 特集では新たなポストを得た多くの指揮者を取り上げている。ミラノ・スカラ座の音楽監督を務めるリッカルド・シャイーは、アバドが設立したルツェルン祝祭管弦楽団の音楽監督になった。シャイーの持っていたライプチヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の楽長にはアンドリス・ネルソンスが就任する。
 日本のオーケストラでは、好調を続ける広上淳一と京都市交響楽団、3月のヨーロッパ・ツアーを成功させたパーヴォ・ヤルヴィとNHK交響楽団、昨秋、首席指揮者に就任したインキネンと日本フィルなどを取り上げている。
 特集ページには他に、◎パリ管音楽監督に就任したハーディング◎古楽オーケストラと指揮者の現在◎ロシアのオーケストラと指揮者のいま◎メトロポリタン・オペラの禅譲 レヴァインからネゼ=セガンへ、などこの特集を読めば、現在の世界のオーケストラと指揮者地図が一目瞭然です。 


特集で紹介したDVD、CDのプレゼントもあります

BIGが語る シルヴァン・カンブルラン 指揮
 読売日本交響楽団の常任指揮者を務めるシルヴァン・カンブルラン。11月にメシアンの大作オペラ「アッシジの聖フランチェスコ」を日本初演する。世界初演は1983年、パリ・オペラ座で小澤征爾だった。カンブルランの姉が初演にハープで参加しており、初演の課程をつぶさに見ることができた。カンブルランは初演後の、ほとんどの公演を指揮している。休憩を入れて5時間半を要するため、なかなか上演の機会は少ない。それでも2004年のパリ公演は9回上演され、9回とも満席になった。
 作品についてカンブルランは「バッハの作品は技巧的に難しいところもありますが、聴き手にとってはシンプルです。『アッシジの聖フランチェスコ』も聴く人の耳から魂へ直接浸透していく音楽で、互いによく似ています」と話す。

宮本文昭の気軽に話そう ゲスト 小澤俊夫 口承文芸学者
 小澤俊夫氏は口承文芸学者として筑波大副楽長などを務め、現在は「小澤昔ばなし研究所」を運営している。実は小澤征爾の兄。ホストの宮本文昭の桐朋学園の高校時代のドイツ語の先生だった。小澤俊夫氏が大学院を卒業し、昔ばなしの研究を本格的に始めたことだったという。
 宮本は「今でもオーボエを自分の生徒に教えるとき、小澤先生の授業のスタイルを参考にしています。何度も繰り返しながらひとつのことをマスターし、それができたら次のことを繰り返して覚える、という具合です」と話す。
 小澤俊夫氏は、小澤征爾を弟に持ち、音楽に親しんだことが昔ばなしの研究にも役立つことがあるという。「僕は幸いにことに幼い頃から音楽に親しんでいたし、征爾が斎藤秀雄先生のアシスタントをしていた頃は、一緒に合宿へ行って椅子や楽譜を並べるのを手伝った」というエピソードを話している。

このほか
◎青島広志の「ブルー・アイランド版音楽辞典」
◎外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
◎小山実稚恵の「ピアノと私」
◎「鍵盤の血脈 井口基成」中丸美繪
など、おもしろい連載、記事が満載です。

次号予告
2017年6月20日(火)発売の2017年8月号は「作曲家が最後に残した音楽」を特集します

お楽しみに~

↑このページのトップヘ