【発売情報】
本日、モーストリー・クラシック2019年5月号が発売になりました
同時に、Webサイト http://mostly.jp/ も更新。目次、おすすめアーティストなどチラ読みができるほか、バックナンバーのページでは、デジタル書籍も購入できます。ぜひ、サイトにお立ち寄りください


【モーストリー・クラシック5月号の主な内容】

表紙 バッハ、聖トーマス教会、キリスト

特集 音楽の父バッハとマタイ受難曲
 今年の復活祭は、カトリックなど西方教会では4月21日(日)で、1週間前の14日からは受難週(聖週間)になる。この時期に受難曲が演奏される。受難とは、捕縛されたイエス・キリスト十字架に磔にされ、死を遂げたこと。その3日後に蘇り、「復活」した。その日が復活祭。受難曲は古代、中世から存在し、そのテキストとなったのは、新約聖書の中核となるマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネによる「福音書」。福音(良い知らせ)を伝える人が福音史家だ。
 プロテスタントのルター派は特にオラトリオ風受難曲をたくさん生んでいる。プロテスタントのバッハは5つの受難曲を書いたと言われるが、現在残っているのは「マタイ受難曲」と「ヨハネ受難曲」の2つのみ。「マタイ受難曲」は、ライプチヒの聖トーマス教会のカントル(楽長)時代の1727年4月11日に初演された。この曲の大きな特徴は2つの演奏団体を用いること。演奏に約3時間かかる大作だが、オペラ以上に劇的な構成と巧みで魅力的な音楽は長さを感じさせない。
 イエスを「死罪だ」と叫び、つばを吐きかける群衆。「今宵、鶏が鳴くまでに、あなたは3度、『私を知らない』と否定するだろう」とペテロに話すイエス。そして弟子たちは師を見捨てる。「バッハが『マタイ受難曲』を他人事と捉えていなかったことがよく分かる。この曲に登場する群衆も弟子も、結局自分の中に弱さを抱えている自分であり、あなたなのではないか?」とヨーロッパ文化史研究の小宮正安氏は指摘する。
 「マタイ受難曲」はバッハの死後、忘れられていたが、1829年、メンデルスゾーンが、短くした版で復活上演した。メンデルスゾーンはゲヴァントハウス管弦楽団の指揮者に就任した1841年にも再び取り上げた。「この選曲は同楽団での彼の方針を宣言するとともに、バッハゆかりの都市での演奏することに彼は特別の意義を見いだしていた」と西原稔・桐朋学園大教授。
 また、無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ、グールドが2度録音したゴルトベルク変奏曲、平均律クラヴィーア曲集、ブランデンブルク協奏曲など器楽曲、管弦楽曲も特集で取り上げている。
 他に、◎福音史家の役割と名福音史家たち◎メンデルスゾーン版「マタイ受難曲」を指揮する鈴木優人◎世俗カンタータの魅力と名盤◎ワーグナーの「パルジファル」と受難劇◎無伴奏チェロ組曲◎バッハ時代の楽器、などです。

特集で紹介したDVD、CDのプレゼントもあります


宮本文昭の気軽に話そう ゲスト 藤木大地 カウンターテナー
 2017年、ライマンのオペラ「メデア」のヘロルド役でウィーン国立歌劇場にデビューした。日本人、東洋人のカウンターテナーとして初めて快挙だった。テノールからカウンターテナーに転向したのは30歳のとき。風邪をひき、声が出なくなり、裏声で練習していたら、自分の新たな声、カウンターテナーを“発見”したという。「レパートリーはテノールとまったくかぶりません。もう30歳でしたから、コンクールをすぐに受け始めて、課題曲を学ぶことで、実地でレパートリーを作っていきました」と話す。

東京・春・音楽祭が15周年を迎える
 3月から4月にかけて東京文化会館を中心に東京・上野公園にある文化施設などで行われている東京・春・音楽祭が今年で15周年を迎えた。音楽祭は2005年に「東京のオペラの森」という名称で始まった。この年は小澤指揮、ロバート・カーセン演出によるR.シュトラウス「エレクトラ」が上演された。09年に現在の名称に変更され、東京の春の風物詩となっている。1カ月にわたる音楽祭は、すでに開幕している。これから間に合う演奏会の注目の1つは、4月6日に行われる「マラソン・コンサート」。「宮廷の時代―5つの“響き”」をテーマに、午前11時開演から午後7時開演まで、5つのコンサートが行われる。

このほか
◎青島広志の「ブルー・アイランド版音楽辞典」
◎外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
◎小山実稚恵の「ピアノと私」
◎「鍵盤の血脈 井口基成」中丸美繪
など、おもしろい連載、記事が満載です。


次号予告
2019年4月20日(土)発売の2019年6月号は「ピアニスト、ヴァイオリニスト、指揮者巨匠、演奏家たちの最後の録音」を特集します

お楽しみに~

【発売情報】
本日、モーストリー・クラシック2019年4月号が発売になりました
同時に、Webサイト http://mostly.jp/ も更新。目次、おすすめアーティストなどチラ読みができるほか、バックナンバーのページでは、デジタル書籍も購入できます。ぜひ、サイトにお立ち寄りください


【モーストリー・クラシック4月号の主な内容】

表紙 ウィーン・フィルとベルリン・フィル

特集 ウィーン・フィル&ベルリン・フィル 世界の注目オーケストラ
 ウィーン・フィルとベルリン・フィルは、その音の特徴はもちろん、成り立ちからして大きく違います。今月の特集は、世界のトップに君臨する2大オーケストラの個性を明らかにし、今注目の指揮者やオーケストラを紹介しています。
 ウィーン・フィルの最初のコンサートは1842年3月28日。復活祭の日曜にオットー・ニコライの指揮で行われました。60年代に定期的にコンサートが開かれるようになり、現在も使われている公演会場ムジークフェラインが完成したのは70年。メンバーはウィーン国立歌劇場管弦楽団の一員としてふだんはオペラの伴奏をしており、その源は宮廷歌劇場にさかのぼります。自主運営のオーケストラで、音楽監督を置かず、定期公演は年に10回しかありません。
 一方のベルリン・フィルの設立は1882年。ベンヤミン・ビルゼ楽団の待遇に不満を持ち脱退した楽団員を中心に結成されました。87年に巨匠ビューローを常任指揮者に迎え、94年にビューローが亡くなると、ニキシュが後任につき、さらに成長をとげました。フルトヴェングラーは、1922年に36歳の若さで常任指揮者に就任、カリスマを持つ巨匠指揮者として君臨しました。日本人にもなじみの深いカラヤンは56年から89年まで芸術監督、その後、アバド、ラトルと続き、9月からペトレンコの時代が始まります。ベルリン・フィルは純粋なシンフォニー・オーケストラとして発展してきました。
 オーケストラの音は、本拠とするホールの影響が大きいのです。毎日のように練習し、公演するホールに合わせて自然と音が作られます。ウィーン・フィルが本拠とするムジークフェライン(ウィーン楽友協会)は、別名「黄金のホール」と言われ、金の装飾や彫刻が美しい直方体のシューボックス(靴箱)型。床下と天井に空間がありよく共鳴するのが音の良さの理由の1つと言われます。
 これに対し、ベルリン・フィルのフィルハーモニーはヴィンヤード(ワイン畑)様式といわれます。客席をワイン畑に見立て、ステージを客席のブロックが取り囲むように配置されています。これを建てたカラヤンは、佐治敬三・元サントリー会長にアドバイスし、サントリーホールも同じくヴィンヤード形式のホールになりました。フィルハーモニーは2440席と大きいが、どの客席からもオーケストラはよく見え、よく聴こえます。等しくアクセスできる、という考えは、戦後の民主主義を体現したものと見なすことも可能です。
 他に、◎2大オーケストラとフルトヴェングラー、カラヤン、ベーム、アバドらの名録音◎ウィーン・フィルの楽器◎ネルソンスとボストン響、ゲヴァントハウス管◎ティーレマンとドレスデン・シュターツカペレ◎ヤンソンスとバイエルン放送響◎ロトとレ・シエクル◎クルレンツィスとムジカエテルナ◎ミンコフスキとレ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル、などです。

特集で紹介したDVD、CDのプレゼントもあります


BIGが語る 野島稔 仙台国際音楽コンクール審査委員長
 第7回仙台国際音楽コンクールが5月から6月にかけて仙台市で開催される。ピアニストで東京音大学長の野島稔はピアノ部門の審査委員長を務める。今回は前回より61名も大幅に増え331名から応募があった。予備審査が行われ43名の出場者が決まった。「知名度が上がったのだと思います。ホロデンコやイェゴンが次の大きなクライバーン国際ピアノコンクールで優勝したことも大きいのでは亡いかと思います。コンチェルトを中心にしたコンクールで協奏曲を経験してみたい、という気持ちもあるでしょう」と話す。

宮本文昭の気軽に話そう ゲスト  鈴木優人 指揮・オルガン・作曲
 古楽オーケストラ、バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)の音楽監督を昨年9月から務めている。父親はBCJの創設者で指揮者の鈴木雅明。子供のころから家でバッハばかり聴いていたという。「中学生のとき学校のオーケストラに入ったのですが、そこで演奏するベートーヴェンやブラームスなどのCDが、うちにはあまりないんですよ。僕も小学校6年生のときは『マタイ受難曲』にはまってしまい、1日3回くらい聴いたこともあります」と熱中ぶりを話した。

このほか
◎青島広志の「ブルー・アイランド版音楽辞典」
◎外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
◎小山実稚恵の「ピアノと私」
◎「鍵盤の血脈 井口基成」中丸美繪
など、おもしろい連載、記事が満載です。


次号予告
2019年3月20日(水)発売の2019年5月号は「バッハとマタイ受難曲」を特集します

お楽しみに~

【発売情報】
本日、モーストリー・クラシック2019年3月号が発売になりました
同時に、Webサイト http://mostly.jp/ も更新。目次、おすすめアーティストなどチラ読みができるほか、バックナンバーのページでは、デジタル書籍も購入できます。ぜひ、サイトにお立ち寄りください


【モーストリー・クラシック3月号の主な内容】

表紙 ベーム、セル、チェリビダッケ、カルロス・クライバー

特集 20世紀後半に伝説を残した指揮者たち
 20世紀後半はベーム、セル、ムラヴィンスキー、チェリビダッケ、ショルティら巨匠指揮者がきら星のごとく存在した。来日公演も多くなり、録音環境の発展によるレコード会社の戦略もあいまって、日本の聴衆はさまざまな個性的な指揮者の音楽を楽しんだ。
 カール・ベーム(1894~1981)は晩年、日本で絶大な人気を誇っていた。43年と54年の2回、第2次世界大戦中と戦後にウィーン国立歌劇場の音楽総監督を務め、ウィーン・フィルの名誉指揮者で、オーストリア・ドイツ音楽の伝統を今に伝える指揮者とみなされた。70年代にウィーン・フィルと来日して人気に火が付いた。ウィーンでベームの演奏を聴いている音楽評論家、堀内修氏によると、ウィーンで指揮するオペラやコンサートはいつも満員だったという。「1970年代のザルツブルク音楽祭は、カラヤンとベーム、2人の巨匠がオペラを指揮する特別な音楽祭だった」と堀内氏。
 ベームの次の世代で、世界的な人気があったのはカルロス・クラシバー(1930~2004)。父は名指揮者エーリッヒ・クライバーで、ナチス・ドイツから逃れ、アルゼンチンに亡命。カルロスはブエノスアイレスで音楽を学びはじめ、父の反対を押し切って指揮者の道を進んだ。バイエルン州立歌劇場の公演などでたびたび来日したおり、日本でも大人気だった。カルロスはキャンセル魔だったが、日本では必ず指揮をした。音楽評論家の許光俊氏は、「クライバーは、ずっと父親に対してコンプレックスや敵意を抱いていた。それが刺激される可能性が日本ではほとんどなかった」という。エーリッヒは1956年に亡くなっており、来日もしていないから日本にエーリッヒの演奏を聴いたことのある聴衆はおらず、比較されないからだ。
 「帝王」と呼ばれたカラヤンほど、クラシック・ファンでない一般に名前を知られた指揮者はいなかった。超人気指揮者ゆえにアンチ・カラヤン派が生まれた。カラヤンの対抗馬にあげられたのがフルトヴェングラーとチェリビダッケ(1912~96)。第2次世界大戦が終わり、フルトヴェングラーらがナチスとの関係を問われて謹慎させられる。指揮経験がほとんどないチェリビダッケはその間、暫定的な首席指揮者に就任したが、フルトヴェングラーが復帰し、楽員に嫌われたことなどからベルリン・フィルとの関係を絶ってしまった。そして55年、フルトヴェングラーの死去によってカラヤンはベルリン・フィルの首席指揮者についた。アンチ・カラヤン派の背景にはこうした3者の関係がある。チェリビダッケは生前、LPやCDなど録音をほとんどリリースしなかった。それゆえ「今でも『幻の指揮者』のままである」と音楽評論家の佐伯茂樹氏。
 他に、◎シノーポリ、クレンペラー、ミュンシュ、オーマンディ、クーベリック、ジュリーニ◎ドイツ・オーストリア系の指揮者たち◎今期のベルリン・フィル、ウィーン・フィル定期演奏会の指揮者◎欧米の巨匠指揮者を日本のファンに知らしめた音楽評論家◎巨匠を生んだ名プロデューサーたち、などです。

特集で紹介したDVD、CDのプレゼントもあります


BIGが語る セバスティアン・ヴァイグレ 指揮
 読売日本交響楽団の2019/20年シーズンから常任指揮者に就任する。ヴァイグレは1961年、旧東ドイツのベルリン生まれ。ベルリン州立歌劇場のホルン奏者からキャリアがスタートした。当時の音楽総監督はスウィトナー。その後の音楽総監督、バレンボイムの勧めで指揮活動を始めた。「(バレンボイムは)アシスタントには、彼の言うことをすべて踏襲しろとは言わず、自分が素晴らしいと思ったことを引き継げばいい、自分の模倣になってはいけないと常にいっています」と話した。

宮本文昭の気軽に話そう ゲスト 望月哲也 テノール
 シューベルトの3大歌曲シリーズのリサイタルを続けている望月哲也。最終回となる「白鳥の歌」が4月6日、Hakuju Hallで公演される。ピアノ伴奏ではなく、ギターで歌うというのが特色。「『白鳥の歌』の後半、ハイネのテキストによる曲はドラマティックなので歌も大変ですが、音域も広くギターでは無理かな、と思っていたのですが、今回共演する松尾俊介さんがいろいろなアイデアを出してくれました」と話した。 

このほか
◎青島広志の「ブルー・アイランド版音楽辞典」
◎外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
◎小山実稚恵の「ピアノと私」
◎「鍵盤の血脈 井口基成」中丸美繪
など、おもしろい連載、記事が満載です。


次号予告
2019年2月20日(水)発売の2019年4月号は「ウィーン・フィルとベルリン・フィルオーケストラの魅力と個性」を特集します

お楽しみに~

↑このページのトップヘ